サイトマップ | プライバシーポリシー | 事務局所在地 | English
 
 
通信制高校生たちが考え感じる震災

【書籍発売】
新しい学校の会が
「通信制高校生たちが
考え、感じる震災」
を発行

spacer
こんな学校があったんだ! 2014-2015

こんな学校があったんだ! 2016-2017
監修:新しい学校の会

spacer
 

 新しい学校の会(新学会)事務局
  〒102-0076
  東京都千代田区五番町10番地
 JBTV五番町ビル2F
  電話:03-3263-8966
  ファックス:03-5226-5257



連盟からのお知らせ
 

第13回構造改革特区に41件申請
兵庫県養父市が学校設置会社による高校開設を目指す


 渡辺喜美規制改革担当相は1月30日、第13回目の構造改革特区計画の認定申請(1月17日〜26日申請受付)で、聴覚障害者への教育に関する規制緩和など、全国の自治体から41件の申請があった、と発表しました。申請件数としては過去3番目に少ないものです。3月に認定の可否を決める予定です。
 教育関連では、兵庫県養父市が「響きあう心、拓く明日、但馬中央の郷−養父市教育特区−」を申請し、学校設置会社による通信制高校の設立を目指します。
 東京都は重度な聴覚障害者に対して教育課程の基準を超えて手話などを教える「手話と書記日本語によるバイリンガルろう教育特区」を計画しています。
 特区内の専門学校で修業認定試験に合格すれば、情報処理関連の国家資格の基本情報技術者試験などのうち基礎試験が免除されるIT人材育成特区について、群馬県高崎市など8自治体が申請しました。
 また、地域再生計画では、地域間交流を通じた地域コミュニティーの再生を目指す北海道佐呂間町などから63件の申請がありました。

構造改革特区計画(第13回)および地域再生計画(第6回)の認定申請の受付結果について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kouzou2/kouhyou/070130/070130kekka.pdf


コピーライト